FC2ブログ
「どんな仕事がしたいか分からない」 自分探しの旅で迷った
2006 / 03 / 31 ( Fri )
何をやってもうまくいかない。
何社、受けても“内定”に出会えない。
面接の本も読んだ、身なりも悪くない。


転職活動中は、自分の惨めな経歴をしゃべらなくてはならなくて、苦痛だった。
その上に立て続けに落ちた。
面接官の中には露骨に、見下すような人もいた。

『この職業が僕に向いていないと面接官に思われているんだ。
じゃあ、何回受けてもダメだろう。じゃあ、何の職に就けばいい!?』

希望する職種自体に疑問を抱き、悩みながらの活動中の中、
ある人に相談すると、ハローワークに、キャリアアドバイザーという人がいるみたいだ。

この人たちは、客観的に、自分の悩みや進路について、相談に乗ってくれる人達だ、
今回は3つのハローワークで3人のキャリアアドバイザーに計5回くらい相談に乗ってもらった。

相談の内容は
『私は、今まで学校で習ってきたプログラムという仕事に自信がもてませんでしたが、せっかくやってきたので、その仕事を探したい、でも転職がうまくいかない 』
その繰り返しだった。
アドバイスとして、
「悩んでもいても仕方ない。
働いてみないと分からないこともある。」
という言葉をもらった。
そこで、もっと自分を追い詰めてみる。
『でも、プログラマーとして自信が無いんです。他の仕事でないと転職出来ないのではないでしょうか?他に自分に向いている仕事があるのではないでしょうか?』
すると、あきれ気味で
では、何かやりたいことがあるのですか?まず、プログラマーとして働いたことが無いんだから、アルバイトとして現場を覗いてから判断しても遅くないですよ。」
本音で話したから、本音で返ってきた。これが無料なのだから是非みなさんも利用して欲しい。

また、人材紹介会社にもキャリアカウンセラーがいるが、結局は営利目的なので、
ハローワークのような利害関係のない人に相談したほうが良い

あらかじめ答えが予想できるような相談はやめてほしい。
くれぐれも「本音」でぶつかった方がいい。本音には本音の回答が返ってくる。いろんな人を見てきているので“流れ作業”のように対処されては、行った意味が無いので、“熱く”語ったほうが良い。
単なる相談なら、ありきたりなアドバイスになるだろう。


まずは、職務経歴書を書こう!そして書き終わったら第三者としてハローワークの人に見てもらって一緒に考えていくと良い。書き方も教えてくれる。

そして、それを第三者の人に見てもらい客観的な意見を聞こう。恥ずかしがっている場合ではない。
自分が何をしたいのか分からないのだから


何がしたいか分からないなら人に聞け

しかし、聞かれた相手もあなたのことが分からないから、最低限度の情報は相手に与えろ。

退職届


スポンサーサイト



14:16:15 | 自分探し | page top↑
「どんな仕事がしたいか分からない」 自分探しの旅で迷った
2006 / 03 / 31 ( Fri )
何をやってもうまくいかない。
何社、受けても“内定”に出会えない。
面接の本も読んだ、身なりも悪くない。


転職活動中は、自分の惨めな経歴をしゃべらなくてはならなくて、苦痛だった。
その上に立て続けに落ちた。
面接官の中には露骨に、見下すような人もいた。

『この職業が僕に向いていないと面接官に思われているんだ。
じゃあ、何回受けてもダメだろう。じゃあ、何の職に就けばいい!?』

希望する職種自体に疑問を抱き、悩みながらの活動中の中、
ある人に相談すると、ハローワークに、キャリアアドバイザーという人がいるみたいだ。

この人たちは、客観的に、自分の悩みや進路について、相談に乗ってくれる人達だ、
今回は3つのハローワークで3人のキャリアアドバイザーに計5回くらい相談に乗ってもらった。

相談の内容は
『私は、今まで学校で習ってきたプログラムという仕事に自信がもてませんでしたが、せっかくやってきたので、その仕事を探したい、でも転職がうまくいかない 』
その繰り返しだった。
アドバイスとして、
「悩んでもいても仕方ない。
働いてみないと分からないこともある。」
という言葉をもらった。
そこで、もっと自分を追い詰めてみる。
『でも、プログラマーとして自信が無いんです。他の仕事でないと転職出来ないのではないでしょうか?他に自分に向いている仕事があるのではないでしょうか?』
すると、あきれ気味で
では、何かやりたいことがあるのですか?まず、プログラマーとして働いたことが無いんだから、アルバイトとして現場を覗いてから判断しても遅くないですよ。」
本音で話したから、本音で返ってきた。これが無料なのだから是非みなさんも利用して欲しい。

また、人材紹介会社にもキャリアカウンセラーがいるが、結局は営利目的なので、
ハローワークのような利害関係のない人に相談したほうが良い

あらかじめ答えが予想できるような相談はやめてほしい。
くれぐれも「本音」でぶつかった方がいい。本音には本音の回答が返ってくる。いろんな人を見てきているので“流れ作業”のように対処されては、行った意味が無いので、“熱く”語ったほうが良い。
単なる相談なら、ありきたりなアドバイスになるだろう。


まずは、職務経歴書を書こう!そして書き終わったら第三者としてハローワークの人に見てもらって一緒に考えていくと良い。書き方も教えてくれる。

そして、それを第三者の人に見てもらい客観的な意見を聞こう。恥ずかしがっている場合ではない。
自分が何をしたいのか分からないのだから


何がしたいか分からないなら人に聞け

しかし、聞かれた相手もあなたのことが分からないから、最低限度の情報は相手に与えろ。

退職届

14:16:15 | 自分探し | page top↑
自分探しの旅、何がしたいか分からない
2006 / 03 / 28 ( Tue )
「自分探しの旅」ってなんだ。退職してしばらくは、自分を見つめ直そう。そう思っていた。

で、見つめ直すことはできたか?答えは NO。
ダラダラした日々が続くだけ。

3年働いた半導体の工場を辞めて、しばらくニートだった、ハローワークの認定を受けて、雇用保険で生活していた。部屋から出なかった。1日が長かった。現実から離れたく思い、何をするにも面倒だった。
ゆっくりと進路を考えようと思っていた。
1日?3日?一週間?一ヶ月?
あれだけ時間があったのに自分を見つめ直す時間なんて全くとっていなかった。

なぜ見つめ直すのを拒否したか?
怖かったからだ。「何がしたいかわからない」ことを知るのが怖かった。
完全に自分を見失っていたのだ。
もし、「あなたは今 何をしたいのですか?」と聞かれたら一番困っただろう。どこに進んでいいのか自分でも分からないのだから・・
明日も、あさっても、どこに進めばいいか分からない。
まして、転職なんて、何がしたいか分からない・・

しかし
周りをを見てみると
同い年の人間が、 バリバリと仕事をし、充実し、給料をもらい、そして、彼女をつくり、なにもかも良い循環だ。
そうなりたいのだ。

私は、金がない、仕事がない 探す気力もない、 何がしたいかわからない。 自信がない。 金がないし、無職なので、彼女を作るような発想もない。


自分探しの旅はこれで終わり、転職活動を通じて、十分すぎるほど、自分が理解できた。


あのとき、真剣に転職に向き合うことをしなかったら、まだ自分探しの旅をしていたはずだ。今は 自信と居場所がある。
もう 無職ではないのだ!これからは恋もするし、バリバリ働くのだ。

自分探しの旅とは、「ゆっくり考える」ことではなくて、「自分を捜すために前に進むこと」例えば部屋で何か捜し物をするときに、机の下や、思い当たるところを探し回るはずだ。
もし、それがどれだけ探しても見つからなければ、あきらめるか、買い直すしかない。

なのに私が考えていた自分探しは、何もせずに、考えてみようとするだけ・・それで探せるはずがない。


退職届



14:18:19 | 自分探し | page top↑
自分探しの旅、何がしたいか分からない
2006 / 03 / 28 ( Tue )
「自分探しの旅」ってなんだ。退職してしばらくは、自分を見つめ直そう。そう思っていた。

で、見つめ直すことはできたか?答えは NO。
ダラダラした日々が続くだけ。

3年働いた半導体の工場を辞めて、しばらくニートだった、ハローワークの認定を受けて、雇用保険で生活していた。部屋から出なかった。1日が長かった。現実から離れたく思い、何をするにも面倒だった。
ゆっくりと進路を考えようと思っていた。
1日?3日?一週間?一ヶ月?
あれだけ時間があったのに自分を見つめ直す時間なんて全くとっていなかった。

なぜ見つめ直すのを拒否したか?
怖かったからだ。「何がしたいかわからない」ことを知るのが怖かった。
完全に自分を見失っていたのだ。
もし、「あなたは今 何をしたいのですか?」と聞かれたら一番困っただろう。どこに進んでいいのか自分でも分からないのだから・・
明日も、あさっても、どこに進めばいいか分からない。
まして、転職なんて、何がしたいか分からない・・

しかし
周りをを見てみると
同い年の人間が、 バリバリと仕事をし、充実し、給料をもらい、そして、彼女をつくり、なにもかも良い循環だ。
そうなりたいのだ。

私は、金がない、仕事がない 探す気力もない、 何がしたいかわからない。 自信がない。 金がないし、無職なので、彼女を作るような発想もない。


自分探しの旅はこれで終わり、転職活動を通じて、十分すぎるほど、自分が理解できた。


あのとき、真剣に転職に向き合うことをしなかったら、まだ自分探しの旅をしていたはずだ。今は 自信と居場所がある。
もう 無職ではないのだ!これからは恋もするし、バリバリ働くのだ。

自分探しの旅とは、「ゆっくり考える」ことではなくて、「自分を捜すために前に進むこと」例えば部屋で何か捜し物をするときに、机の下や、思い当たるところを探し回るはずだ。
もし、それがどれだけ探しても見つからなければ、あきらめるか、買い直すしかない。

なのに私が考えていた自分探しは、何もせずに、考えてみようとするだけ・・それで探せるはずがない。


退職届


14:18:19 | 自分探し | page top↑
就職活動前の契約
2006 / 02 / 24 ( Fri )
2月24日、就職活動前の自分と契約を交す
一、1日3回は面接および、紹介会社との面談をする
一、1週間に一冊は就職に関する本を読み終える
一、3月中に就職する
以上を守る

退職届



18:07:26 | 自分探し | page top↑
就職活動前の契約
2006 / 02 / 24 ( Fri )
2月24日、就職活動前の自分と契約を交す
一、1日3回は面接および、紹介会社との面談をする
一、1週間に一冊は就職に関する本を読み終える
一、3月中に就職する
以上を守る

退職届


18:07:26 | 自分探し | page top↑
| ホーム |
SEO対策:転職 SEO対策:就職